grunerwaldのblog

2013年夏のザルツブルク音楽祭訪問を契機にブログ開始以降、主に海外の音楽祭や旅行記、国内外のオペラやクラシック演奏会の鑑賞記やCD、映像の感想などを素人目線で。Yahoo blog 終了を機に2019年7月より livedoor blog に移転。おもにワーグナーやR・シュトラウス、ブルックナー、マーラー、ベートーヴェン、モーツァルトや日本史など。ほかにオペレッタ、シュランメルン、Jazzなども。過去記事へのコメントも歓迎です。

pat.01

前回のブログでバーボンのアーリー・タイムズのことをちょこっと取り上げたばかりだが、先日久しぶりに酒店にアーリーを買いに行って、ラベルが新しいデザインに変わっていて、ちょっと戸惑った。かつては、もう何十年もアーリーと言えば①の田舎臭い小屋のイラストと、野暮ったいデザインの黄色いラベルが安酒代表のアーリーのイメージだったのが、②に変わってなんとなく垢ぬけて現代的なデザインになっている。おまけにラベルの色はイエローからベージュというか、クリーム色に近くなっている。さらには別種のブラウン・ラベルというのも同じ価格で売られていて、昔からのアーリーはどっちやねん!と混乱する。いったいいつから、こんなことになっていたのか。調べてみると、なんと本国アメリカでは、現在アーリーは「Kentucky Straight Bourbon Whisky」としては販売されておらず、単に
「Kentucky Whisky」の表示で、輸出向け商品のみにかつての「Kentucky Straight Bourbon Whisky」の表示がされているらしい。昔のイエローラベルのはもう店頭には無かったので、しかたなく新デザインのラベルのを買ったが、ラベルのイメージは大きい。出来れば以前のデザインのままでよかったのだが。まあ、いずれにしても700㎖で千円ちょっとの激安で、価格も随分と値落ちしたものである。そう言えば、ジャンルは違うが、コンヴァースのオールスターも高校生の頃はその辺のどこの靴屋にでも売ってるものではなくて、値段も1万4千円くらいはしたもので、そうそう今ほどは気軽にスーパーで叩き売られているようなものではなかったものだ。


early.01

early.02

で、前回のブログでは、そんなバーボンのオン・ザ・ロックを舐めながらのBGM的にラッセル・マローンのCDを取り上げたが、同じくギターでもうひと世代上のパット・マルティーノのスタンダード集のベスト盤にも収録されている「Days of wine and roses」の演奏がYoutubeにあったので、下に貼っておこう(と言っても、別人による演奏解説サイトのようだが、音質がいいので)。オリジナルはスタンダードの名曲とは言っても、案外そう古くはなくて、1962年のヘンリー・マンシーニのヒット曲。定番のスタンダードとしていろんな演奏者に取り上げられているが、このベスト盤ではパット・マルティーノの「EXIT」(1977年)からの演奏が収録されている。なんでオリジナルの「EXIT」でなくて、わざわざベスト盤のほうを取り上げるかと言うと、ジャケットデザインのセンスが良く、選曲もリラックスして聴きやすいから。コロナ禍で次々と予定していたクラシックやオペラの演奏会が中止となり、そのショックは計り知れず、そうそう自宅のCDでもクラシックを聴く気分にはなれなかった。文字通り「酒とバラのステイホーム」となったこの5月、6月は、そのかわりにバーボンとギターのCDが久しぶりにこころを癒してくれたのである。演奏は→こちら







夏の日の夕暮れ時。おおかた二週間降り続いていた雨も上がり、ようやく夏らしい黄昏れに窓外の木の緑が、ゆっくりと暮れなずんで行く。この20数年で、玄関先に涼しげな木陰をつくってくれる樹木の枝も大きく伸び、二階の窓先を豊かな緑で覆ってくれるようになった。毎年、落ち葉となって散り積もると日々の掃き掃除が大変で、連日大きなビニール袋が枯葉でいっぱいになってしまうけれども、それでも春夏に目に潤いを与えてくれる大きく茂った緑があるだけで、こころが安らぐ。

酒は、ふだんはあまり晩酌などはしないほうだが、こういう心地よい夕暮れ時には、よく冷えたリースリングとかシャルドネで軽いサンドウィッチで済ませるのもいいけれども、たまにはバーボンでオン・ザ・ロックというのも、懐かしい寛ぎを思い起こさせる。ウィスキーはもうここ20年くらいは、オールド・パーとかバランタインとかのスコッチウィスキーとか、飲み慣れたサントリーのローヤルなんかが定番になっていたけれど、たまには若い頃から慣れ親しんだアーリータイムズやエインシャントエイジの世話になることもある。昔から安くて買いやすいウィスキーの代名詞だった。学生時代によく行った、大阪梅田の「バーボンハウス」という有名なライブハウスなんかに、たまにふらりとひとりで訪れてカウンターのスツールに腰かけて「アーリー。ロックで。」とか注文すると、カウンターの手前にグラスを滑らせる溝が通してあって、その端から店員が「行くよ!」と言ってグラスをこちらに向けて勢いよく滑り出させてくれるのが独特のサービスだった。背の高いグラスは安定感が悪いので不向きだけど、ロックグラスは重めで重心が低いから、こういうのがよく似合ったのだ。まあ、西部劇のオマージュなんだな。

で、そういう時には音楽もやっぱりアメリカンなロックがよく似合って、イーグルスとかドゥービー・ブラザースとかウェストコーストの曲がよく似合うんだけど、もちろん本物の彼らがそんなライブハウスでやるわけではないので、イメージとしてはセンチメンタルシティロマンスという名古屋の老舗バンドとか、憂歌団とかがぴったりな感じだった。

コロナ自粛期間中は、クラシックやオペラは自宅でもあまり聴く気になれなくて、こうした軽いウェストコーストや、ジャズギターに耳を傾けることが多かった。ジャズのなかでもギターは結構よく聴いたほうで、バップの源流のチャーリー・クリスチャンからジャンゴ・ラインハルト、ウェス・モンゴメリーをはじめ、ジョー・パスやグラント・グリーン、ジム・ホール、ケニー・バレル、バーニー・ケッセル、タル・ファーロウ、ハーブ・エリスなんかはLPでよく聴いた。近年ではダイアナ・クラールのアルバムで弾いていたラッセル・マローンなんかが、落ち着いてしっくりと聴かせるタイプで悪くない。ジョン・スコフィールドのような強烈な個性とか粘りみたいなものはあまりなくて、割と正統派でさらりと聴き流せるほうかな。BGM? 以前だと、軽めだとBGMっぽいとかイージーリスニング的だとか文句のひとつも言っていただろうけど、最近は、それも悪くないんじゃないの?と、角が取れて来ているのか。もう何年も前のアルバムで、全編ストリングス付きのスロー・バラードばかりを収録した「ハートストリングス」というCDが Verve から出ていた。バーボンをオン・ザ・ロックでチビチビとやりながらこういうのを聴いていると、心地よく夏の夜が更けていく。


heavyweatherweatherreport.01

ひと月ほど前に twitter でたまたま知った天才高校生ベース少女のアヤコノさんのことを取り上げたところ、期せずして連日そのブログ記事へのアクセス数が、とても多くてびっくりしている。この間、アヤコノさんは15歳からめでたく16歳になられたそうで、ここで「おめでとうございます!」とお祝いを申し上げたい。当方のブログにまで結構なアクセスがあることを思うと、かなりの人が彼女に注目しているのだろう。この先の大いなる活躍を、こころから期待したい。

ところで、彼女の活躍を目にして、自分が高校生の頃はどうだっただろうかと思い返している。16歳の高校2年生になってはじめの頃に、NHK-FMの夕方の放送で「ウィークエンド・ジャズ」という番組と「セッション79」というNHK109スタジオからのライブ番組をたまたま耳にしたのが、ジャズとフュージョンにのめりこむきっかけになった。そこからは、一気だった。ちょうど吹奏楽部でドラムを担当していたので、思いっきりジャズをやってみたかったのだが、地方の片田舎ゆえ、そんな垢ぬけた音楽を知る高校生など自分以外にだれもおらず、おつきあいでイーグルスとかストーンズとかの友人のコピーバンドに呼ばれて文化祭などに出ていたが、正直に言って孤独な思いが大きかった。ナベサダどころか、山下達郎だよっ!シュガー・ベイブよっ!SYOGUNだよっ!て言っても誰にもポカンとされるばかりで、せいぜいユーミンを知っていれば上出来なレベルだった。さすがに大学生になってからは、リズム&ブルースやソウルをやるバンドでの付き合いが出来たけれども、ジャズ研はオリエンテーションの時に二日酔いで参加できずに、それっきりとなってしまった。

その頃は、「スウィング・ジャーナル」も「Jazz Life」も健在だったし、フュージョン全盛を迎える「AD LIB」は一番波に乗っている時代で、これら3誌に「MEN'S CLUB」と「ビックリハウス」なんかを読んでいると、もう受験勉強どころではなかった。もうちょっとまじめに勉強する高校生だったら、もうあと5くらいは偏差値の高い大学も視野に入っていたかもしれない(笑)

アヤコノさんの「ドナ・リー」について言えば、ウェザーリポートを知るきっかけは、ようやく「8:30」が大ヒットしたあたりからで、ドラムはアレックス・アクーニャからピーター・アースキンに交代した頃のことだった。ドラムをやっていただけに、ヤマハとパールのドラムのパンフレットは、まるでバイブルのように神聖なものだった。P.アースキンはたしか、猪俣猛さんなんかといっしょに、ヤマハのパンフレットに写真が掲載されていたと思う。パールのほうは、ジョージ川口(!)とか村上ポンタ秀一さんなんかが強く印象に残っている。パールのグラスファイバー製のドラムの鳴りが滅茶苦茶よくて、当時は憧れの的だったが、高校生にはとても届かない高嶺の花だった。

今回のアヤコノさんの「ドナ・リー」がきっかけで、何十年かぶりでウェザーリポートのことを思い出してYoutubeなんかで動画を検索してみると、なんとP.アースキン加入前のA.アクーニャがドラムの「ブラック・マーケット」の映像があって、驚いた。アクーニャがウェザーリポートでドラムを叩いている動画ははじめて観た。すげぇ~!すご過ぎる!アースキンも凄かったけど、アクーニャも凄かったんだなぁ。パーカッションのマノロ・バドレーナとのシンバル合戦の嵐がすごい!なんか中盤まではドラムとパーカッションのアップばかりで、ジャコ・パスなんかが映り始めるのは途中からではないか。カメラマン、ジャコパス知らんのかよ、とかいうコメントがついていて、面白い。おまけにジョー・ザヴィヌルがフェンダーのローズの上にセットして弾いているキーボードって、音階が左右逆じゃね?なんか生理的に奇妙な感じ。いやー、久々に鳥肌ものに感動したので、記念に動画を貼っておこう。





バードランド(こちらはジャコとともに上半身裸のピーター・アースキン)

影のない女201901

コロナウィルスの影響で、今年の3月以降は全世界的にオペラやコンサートの開催は全滅してしまった。ヒトの唾液飛沫が感染の主たる原因である以上、豊かな声量をホール内に響かせることこそが身上のオペラの公演はおろか、日常での大きな声での会話すら敬遠してしまう状態からもとの状態に戻るには、おそらくまだ時間がかかるだろう。入場者数が大幅に制限され、出演者もスタッフも観客も、おっかなびっくり行動制限を強いられながら小規模なプログラムでの公演しかできないのでは、われわれのようなワーグナーやリヒャルト・シュトラウスの大規模オペラのファンには当分はお預けを食らった状態に等しい。なので、当分の間は中途半端に期待をしても無理なものは無理なので、この夏いっぱい、場合によっては今年年内いっぱいは、本格的な生の公演に出かけることに関しては中途半端に欲を出さず、ひたすら辛抱するほかないと思っている。自分という一個人にとっては半年か一年の辛抱は苦ではないが、実際の演奏家や公演に従事するプロからすれば死活問題には違いない。なんとかがんばって、この局面を乗り切って生き残って欲しいと願うしかない。

そうしたことで、この3月から6月の4か月のあいだ、中途半端に煩悩を刺激しないようにCDやDVDでのオペラやクラシックの鑑賞からは遠ざかっていたところ、この7月に入ってびわ湖ホールでの3月7日と8日の「神々の黄昏」のブルーレイが手元に届いて先週末に鑑賞し、その感想をブログに書き留める暇もなく、12日の夜には昨年5月-6月にウィーン国立歌劇場で行われたクリスティアン・ティーレマン指揮R.シュトラウス「影のない女」の公演の模様が、NHK-BSプレミアムシアターで放送された。深夜なのでオンタイムでは観ることができず、今週に入ってから録画したものを、ようやく鑑賞することが出来た。NHKのHPで放映の予定が発表されてからというもの、この放送を心待ちにしていたファンの一人として、全編にわたって緊急速報のテロップや放送事故などもなく、実に美しい映像と音声で、この最高レベルの公演の模様が鑑賞できたことは、幸いなことである。少なくともこの記念すべき公演(ウィーンでの演目初演から100年)が、今年のこの時期でなく、昨年の5-6月に無事に行われていたこと自体が、奇跡的だ。もしも今年の予定だったと思うとゾッとするではないか。

実はモノズキであれば当然そうであるように、ウィーンのプログラムが発表されてから、自分自身もこの公演は、現地ウィーンで是非この耳と目でナマで鑑賞したいと注視していたことは間違いないのである。ところがこの年はすでに4月のイースターのザルツブルグでティーレマンとシュターツカペレ・ドレスデン、G.ツェッペンフェルトのハンス・ザックス役ロール・デビューによる「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を優先して鑑賞に来ているだけに、そのひと月後に再度休みをとってこの一演目のためだけにウィーンに出かけることが難しかったのだ。モノズキというのは、そういうことが躊躇なく決断実行できる奇特な人たちのことである。

さて、「びわ湖リング」関連以外では、このブログでクラシック・オペラ関連の話題を取り上げるのは久々となった。オケがウィーン国立歌劇場管弦楽団で指揮がクリスティアン・ティーレマン、女声三人が皇后にカミッラ・ニルント、乳母にエヴェリン・ヘルリツィウス、妻にニナ・シュテンメ、男声が皇帝にステファン・グールド、バラクにヴォルフガング・コッホ、皇帝の伝令にヴォルフガング・バンクルという超豪華ラインアップと来れば、どれだけ気合が入っているか速効で伝わってくる。以前、2011年の夏のザルツブルク音楽祭で同じ指揮者とウィーン・フィルの演奏で収録された映像(以後、「前回の映像」)では、皇后がアンネ・シュヴァーネヴィルムス、乳母がミヒャエラ・シュスターで、エヴェリン・ヘルリツィウスはバラクの妻役、皇帝とバラクは今回のと同じで、伝令がトーマス・ヨハネス・マイヤーだった。その映像の感想は、こちらのブログで取り上げているが、皇后のA.シュヴァーネヴィルムスが女優みたいなのはいいけれども、最高音に難があると感じたので、今回のカミッラ・ニルントのよりしなやかで音楽的な演奏は、非の打ちどころがない最善の人選だと感じた。人間社会の愛に次第に理解を深めて行き、皇帝への深い愛に目覚める展開が極めてスムーズに情感を込めて表現されている。E.ヘルリツィウスは、前回の映像ではバラクの妻役で、乳母はミヒャエラ・シュスターだったが、あの悪魔的で性悪そうな演技と演奏にかけては、前回の映像のM.シュスターの印象がより勝っているが、それにしても今回のヘルリツィウスの鬼気迫る圧倒的な声量と表現力は、もの凄い。今回は、それに加えてニナ・シュテンメがバラクの妻役という何とも豪華な配役である。この女声陣3人だけでももの凄いが、皇帝がステファン・グールド、バラクがヴォルフガング・コッホに、伝令がウィーンでは常連のヴォルフガング・ヴァンクルという、どっしりと安定した顔合わせ。W.コッホという歌手には、以前はそれほど関心がなかったのだが、平凡だが心優しいバラクの役にはもっとも理想的な歌手ではないだろうか。

歌手の演奏もさることながら、ティーレマン指揮ウィーン国立の演奏のド迫力のもの凄いこと!いくら他の超ド級のオケががんばっても、R.シュトラウスの演奏にかけては、やはりこのオケに敵わないと思える。不気味で静謐な演奏から複雑な不協和音を含んだ圧倒的な音量による強奏部分、人間的で慈愛に満ちた柔らかな印象の演奏部分が複雑に入り組みながら展開していく音楽に、一糸の乱れがない!咆哮する金管による分厚い音の洪水と、繊細な弦の弱奏の対比にこころ奪われる。天上の穢れなく完璧な神々の世界から見下ろす人間社会は、あくせく働くばかりで、愚鈍で不ぞろいで醜く、猥雑で蛮行と死臭に満ちた、唾棄すべき世界。だがそのなかで貧しい家族が愛と寛容で支え合って生きている(バラクの3人の兄弟は、このオペラの中では脇役だが、バラクによる妻殺しを思い留まらせるなど、ストーリー上では重要な位置づけである)。そうしたホフマンスタールの描写が、ウィーン国立歌劇場管のスケールの大きい音楽の演奏によって完璧に表現されている。間奏のオケの演奏の部分ではカメラの映像はピットのみに切り替わり、ティーレマンとオケの演奏のみに集中できる映像となっているのも大いに納得した。

そう言えば、前回の映像では皇后と乳母が猥雑な人間世界に降下してくる際の演奏の効果音に、大きな布をこすって出す風の音が効果的に使われていたが、今回の演奏ではその場面ではその風の効果音は使われておらず、そのかわりに管楽器の演奏がその場面の特徴を大いに強調しているのがよく理解できた。それとついでに、前回の映像を確認していて思い出したが、一幕の演奏終焉の部分で、まだ最後の一音が残っているのに、その直前の静寂なところでひとり気の早い客が間違って思いっきり「ブーッ!」と叫んでる音が収録されていて驚く。曲の終わりも知らんのに、天下のザルツブルク祝祭大劇場でのウィーンフィルの演奏であんなフライング・ブーイングを(それも完璧に間違って)やってしまうなんて、本人はさぞや赤っ恥をかいて、二幕以降は席に戻れなかっただろうなと推察する。

前回の映像はクリストフ・ロイの演出で、ザルツブルク祝祭大劇場の舞台にウィーンのゾフィエンザールの内部を再現し、1955年にベームがウィーン国立歌劇場の戦後再開公演のこけら落とし公演の直後にこのホールでこの曲の録音をした風景を思い起こさせるものとなっている。こういう歴史に関心がない人や、パラレルワールドの手法で古びた作品を蘇らせるという現代の独墺のオペラ演出手法に関心のない人からは、単にワケわからん最近の演出と、ひとくくりにされてもおかしくはないだろう。上述のフライング・ブーの大間抜け野郎も、そうした演出が気に入らなかったのかもしれない。バブルの頃に、伝統的な舞台演出で贅沢なものという擦りこみでオペラに接して来た高齢の日本のオペラファンにも、こうした新しい演出には抵抗を感じる人が多いことだろう。ヴァンサン・ユゲの今回の演出は、それに比べればとてもオーソドックスな演出で、斬新さで奇を衒うところはまったくなく、歌詞のイメージ通りの展開。舞台のセットも、この劇場としてはかなり予算をかけた大がかりで写実的、立体的な背景のセットがしつらえられている。この背景にCGの映像でバラクの染物小屋の風景や、3幕ではブリュンヒルデの岩山のようなイメージを作り出して神話的な雰囲気を醸している。最後の「産まれてこなかった子供たちの声」の間際の場面では、緑色のCG映像のなかでそれらしい動きの無数の「生命の源」が表現され、パイソニアンだとしたら、どうしても「 あの曲」を思い出してしまうことだろう(英語歌詞付き)。不謹慎か?(笑) だって、実際に思い出しちゃったんだから、仕方ないw いやぁ、つい10年ほど前までは、表現の自由も、もっと寛容で寛大だったよなぁ。なんだかここ数年で、世界じゅうで twitter による文革の再来みたいな状況になってきてないか?まぁ、あんま関係ないか。

IMG_20200705_163945


梅雨の合間にひとときの晴れ間が覗いた日曜日。九州地方ではまたぞろ豪雨で大きな被害が出ているようだが、近畿圏では雨は昨日の夜半に降りやみ、今日は午前中から快晴と言うほどではないにせよ、気温もさほど蒸し暑いと言うほどでもなく、思い立って近くの寺社の青紅葉を見に出かけるには、ちょうどいい具合だった。天気予報では、この後もまだ何日間かは鬱陶しいお天気が続きそうだし。

IMG_20200705_163801


京都市内でも、立派な庭園を擁した有名な寺院が多い東山エリアは、幸い車だと30分かからない程度。ぽっと時間が出来た時などには、気が向けば行きやすいエリアだが、今まではとにかく内外からのあまりの観光客の多さに出向くのも控える時期もあったが、さすがにコロナ禍以後、観光客の数はぐっと減っている。今日の青蓮院門跡も、ふだんよりは参拝客の数は随分と少なく、爽やかな風が心地よく吹き抜ける書院でぼうっと庭園の緑を眺めていても、静謐が破られることなく、こころ静かなひとときを過ごすことができた。この門跡寺院の由縁を語りはじめれば長くなるので割愛するが、気軽にふらっと立ち寄りやすい寺院で、ほぼ毎年初夏か秋には必ず訪れている。自宅は新興住宅地なので立派な庭など願うべくもないが、近くにこうした立派な庭園のある寺院があれば、手頃な拝観料で、美しい緑がたっぷりと堪能できる。自分だけの庭ではないが、今日のように比較的空いている時期を選べば、さほど誰に気がねすることもなく、静かに自分の時間が過ごせるのはつかの間の贅沢だ。

IMG_20200705_164046


IMG_20200705_164150


IMG_20200705_163902

この庭園の借景となっている山上は「将軍塚」と言われる場所で、京都市内が一望できる眺めの良い場所で、そちらも青蓮院として別途拝観できるようになっている。ただし、タクシーか車でないとおすすめできない。「将軍」とはだれのことかと思いきや、平安初期の征夷大将軍の坂上田村麻呂のことだから、年季が入っている。

 【北京共同】中国国営通信、新華社は30日、全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会会議が同日「香港国家安全維持法」を可決したと伝えた。同法は成立し、香港政府などは公布、施行に向けた手続きを急いだ。香港返還23年に当たる7月1日に施行する構え。今後は国家安全を巡る事案で、中国政府の出先機関による法執行が可能になる。香港では早くも民主派政治団体が解散を宣言するなど、萎縮し始めている。「一国二制度」は瀬戸際に追い込まれた。  香港メディアによると、常務委会議が30日午後、香港国家安全維持法を香港基本法の付属文書に加えることを決め、香港での施行が可能となった。
  2020年6月30日共同通信記事「香港安全法、施行へ」より

香港へは、97年の中国返還後に計5回ほど旅行で訪れている。南国特有の蒸しっとした空気、昔ながらの東洋のエキゾチックさと、現代的な高層ビル群のコントラストも面白く、ちょっとした休みに4日間程度で観光するのにも、九龍島と香港島の狭い地域のなかの要所要所に見どころがぎっしりとコンパクトに詰め込まれているようで、安心して行きやすい海外旅行先だった。宿泊するのは、尖沙咀のゴールデンマイル沿いの外資系のホテルが便利で使いやすかったけど、次に行けたらやはりペニンシュラか、香港島の新しいホテルにも泊まってみたいと思いながら、ここ数年はドイツとオーストリアへの音楽旅がもっぱらになってしまっていて、気がついたら最後に香港を訪れたのは、もう9年ほど前のことになってしまった。たくさん写真も撮影したが、現在のようにSDカードではなかったので、手軽にブログに取り込めないのが残念。他人が撮った写真はネット上に溢れているけれど。

長いあいだ、英国領だったせいもあって(一時日本の統治下にもあったが)、英語と中国語が入り混じった独特のカルチャーがあって、英語に拒絶反応のある日本人からすれば、同じ東洋でも香港は洒脱でハイカラな空気を感じたのではないだろうか。食事はおいしいのはもちろんのこと、ショッピングをするのにも雰囲気のよい高級店も入りやすく、とくにスイス製の高級時計については、ロレックスに限らず様々な人気ブランドの取り扱い店が日本よりはるかに多く、品揃えも圧倒的で充実していた。日本の百貨店では百数十万の値がついていたジラール・ペルゴのラージデイト・ムーンフェイズが、それより3割近く安く手に入れられたのは実に楽しい買い物だったし、ロジェ・デュブイのフラグシップ店の品揃えなどは、1千万円以上どころか、億ほどもするミニッツ・リピーターやダブルフライング・トゥールビヨンなどの高級コンプリケーション・ウォッチがごろごろ展示してあって、ため息が出たのを思い出す。もちろん、出したのはため息だけだったけど、さんざん褒めまくっていたら店員が気をよくしたのか、分厚いハードカバーの美しい最新カタログを記念にとプレゼントしてくれたのは、本当にありがたかった。

香港島のほうも、セントラルの賑わいやトラムで往復するヴィクトリアピークの山上の展望台から見下ろす香港の景色は、日中も夜景も、観光地の風景としては世界でも指折りの美しさと開放感があって、香港に来れば必ずここを訪れずにはいられなかった。トラムでなくバスで山上を往復すると、山の上のほうは高級住宅地となっていて、まぁ、別世界だった。バスでは、南岸のレパルス・ベイにも気軽に行ける。映画「慕情」のロケ地として有名な景勝地だ。市内を縦横に走る二階建てトラムもレトロ感があって観光気分も盛り上がる。こんな楽しく美しい観光地は、アジアの観光地としても最高の場所だと、行くたびに感動していたものである。中国には返還されたが、50年間は一国二制度で高度な自治が保障されていると当時から聞いていたし、事実訪れていた当時は確かに自由があって、寛容な都会の島だった。ただ、中国本土からの人口流入のせいで、マンションの価格が暴騰していて、むかしからの香港住民が隅に追いやられつつあるというニュースは気にはなっていた。

その美しい香港が、こうも無残に破壊されて行くのを目にするのは、見ていて忍びない。暴動で商店が破壊されることだけではない。「自由」だった香港の「精神」が、中央政府の意を受けた警官のゴム弾やこん棒で、叩きのめされて行く。どうして他人事に思えようか。香港を愛した人であれば、涙なしにこの光景は見てはいられまい。戦争や爆撃で、美しい街が一夜にして焦土となって消滅してしまうことは、歴史を見れば各地で起こっている。高校生の頃によく中東情勢のニュースで耳にしたレバノンのベイルートなども、交戦による砲撃で壊滅状態となったが、かつては「中東のパリ」とも言われた美しい街だったと聞いた。しかしいま香港で起こっているのは、美しい街の風景は(大きくは)そのままだが、「精神」が徹底的に破壊されて行くのを、目の当たりにしていることだ。この一年でこうも強権的な手段により、自由な精神がどんどん破壊され、奪われて行く。抵抗していた学生たちも、ついには白旗を揚げざるを得なくなった(ハフポスト記事)。遠く日本からやきもきしながらも、自分としてはなにも出来ないもどかしさばかりが募る。街の景色は前と変わらなくても、「自由」という spirits がなくなってしまった香港に、もはや観光で旅行する気分になれるだろうか?

神々0307


コロナ禍中となった今年3月7日と8日に大津市のびわ湖ホールで無観客で上演されたワーグナー「神々の黄昏」の映像が、びわ湖ホール制作のブルーレイディスクとして発売された。この演奏の模様は、上演日の当日・同時刻に Youtube でライブ配信され、実際にチケットを購入した客数をはるかに超える数万人が視聴したことで話題にもなった。その時の映像は、モニター用の固定カメラ1台だけによる全く工夫のない定点映像のみだったので少々期待外れなものであったが、今回発売のものは、日経新聞の記事によると「動画配信の固定カメラとは異なり、高精細のカメラ3台で別途撮影したものを編集した」とあるので、少しは歌手の表情がわかるアップの映像や角度の工夫も期待は出来そうなので、さっそく注文をした。

びわ湖ホールのHPでの紹介によると、7日と8日それぞれ別売で、DVDではなく、より画質のよいブルーレイディスクのみの発売で、それぞれ1万円の価格設定となっている。なので、7日と8日の両方を注文すると、計2万円となる。単体のブルーレイディスクの価格としてはかなり高額となるが、チケットが全額払い戻しとなって大きな赤字となったコストを少しでも補填するための、半分は寄付の意味合いが大きいだろう。本来ならば、会場の良い席で2日とも鑑賞していたはずの関西での本格的なワーグナー上演、それも「ニーベルンクの指環」の完結編となる公演だったので、まぁ、2万円のうちの半分は寄付だと思っても、この際仕方あるまい。7日はクリスティアン・フランツによるジークフリートだし、8日は池田香織さんによるブリュンヒルデなので、どちらも外すわけにもいかない。

こうした経緯による自主制作の「神々の黄昏」のブルーレイとなるので、それほど大量には発売はされないだろうし、珍しい部類にはなることだろう。7日と8日のキャストは以下の通り。

①、3月7日のキャストによる商品説明
②、3月8日のキャストによる商品説明

アヤコノ

昨日の夜にこのブログで何げなく天才ベース少女の「アヤコノ🧢ただの15歳」さんがジャコ・パス・ヴァージョンの「ドナ・リー」を弾いているツイッター動画を取り上げたところ、今日さきほど出先から帰宅して自分のブログを覗いてみたら、なんと一日で一気に1,400件以上のアクセスがあって、超びっくり!普段のアクセス数で言うと、日に100件もアクセスがあればいいほうなので、突然バズッたみたいで驚いた。調べてみると、ツイッターからのアクセスが多いので、何事かと「アヤコノ」さんのツイッターを訪れてみると、なんと「アヤコノ」さんご本人が、昨夜のこのブログの内容をこちらのツイートで取り上げてくれているではないか!! いやもう、昨日の今日で、速攻でこんな反応がダイレクトにあって、もう思いもかけず大感激である!

はめを外そうにも、こちらはもう「アヤコノ」さんご本人からすれば、親御さんよりもおそらくもっと行ってる「ただの5❓歳」のおじさんなので、ただただ恐悦至極なのである。ただの音楽好きのおじさんのもの好きブログなのに、こんな風に世代を超えて、またツイッターとブログという垣根を超えて触れ合うことができるなんて、なんだか不思議な感覚!音楽を愛していることに、境界はないですねぇ!本当に素晴らしい!

とは言っても、おそらく「アヤコノ」さんほどの才能の持ち主であれば、もうすでに引く手あまたで、色んなオファーも舞い込んでいることでしょう。もしかしたら、もうすでにカウントダウン状態なのかも知れませんね。まだ高校生になったばかりということで、学業とのバランスをどう取って行くかも、今後の課題となるのかも知れません。そのあたりのことは、できればしっかりと両立させたうえで、このずば抜けた才能を、「アヤコノ」さんらしいかたちで、素敵に花開かせて行ってほしいなあ~! ぜ~ったい、間違いない!この先が、本当に楽しみです。 いやぁ、この歳になって、こんな新しい期待が生まれるなんて、本当に感激だ。「アヤコノ」さん、ありがとう!今後の大活躍を、こころからお祈りしています!

(追記:勝手きままに、The person of the Versatility の称号を彼女に贈らせていただくことにしよう!←Joe Pass や ジャコ・パスは The man of the Virtuosity の人だったからねw)

アヤコノ


なにげなくツイッターを見ていたところ、突然ジャコ・パストリアス・バージョンの「ドナ・リー」を思いっきり楽しそうに弾いている「アヤコノ🧢ただの15歳さん」という、ショートカットに帽子姿がキュートな少女の短い動画に巡り合った。少女、と言っても、一見とても中性的な印象で性差を感じさせない風だが、「コロナで休みだけど学校の制服が届きました」というひと月ほど前のツイートの画像を見ると、確かに15歳の少女に間違いはなさそうで。他の演奏の動画もいずれも1-2分ほどの短いものだが、なかなか音感やリズム感もしっかりしていて、ファンキーっぽいノリもとても自然な印象。一目見て、「あ~!このコ、本当にからだじゅうで音楽を感じて演奏してるな」というのが伝わって来て、とても好印象だ。ツイートを始めたのはつい2年前くらいからのようで、この4月くらいのコロナ外出自粛期間あたりの頃から、すごいペースでいろんな曲に挑戦をしていて、日に日に上達して行っているのが見てわかる。15歳で、こんなカッコいいベースをこんなに楽しそうに弾ける高校1年生って、いったい何者?選曲のセンスはいいし、演奏はしっかりしているし、ルックスは中性的だけどとてもチャーミングで爽やかな笑顔が素敵な少女で、惹きこまれる魅力がある。もう、ベースを弾くのが楽しくて仕方ない、っていうのがビンビン伝わって来る。分かる!


「アヤコノ」という愛称と、「番匠彩音」という名前とでググってみると、確かに大阪府枚方出身で、二年前の2017年の夏に中学1年生としてヤマハのコンテストで入賞したことがFBで紹介されている。2年半の短い期間に、まるで別人のように成長していることがわかる。才能あるなぁ。いやぁ、日本もまだまだ捨てたもんじゃぁ、ないなぁ。これからの展開が、とても楽しみな本当のタレントだ。若いって、いいなぁ!それにしても「番匠」って、すごい名前だな。

米ミネソタ州で黒人男性ジョージ・フロイドさんの首を圧迫して死亡させ、第二級殺人容疑者として訴追された元警官の名は、Derek Chauvin だった。少々英単語をかじったことがある人なら、Ah! So he's a real Chauvinist! ってなるのに、ピン!と来るだろう。逮捕後の初出廷の模様を様々なメディアが伝えていて、保釈保証金が125万ドルという高額に設定されたことが話題となっている。日本円にして1.3億円以上の保釈保証金ということで、裁判所がこの事件を非常に重要視していることが伝わってくる。


Chauvinist(ショーヴィニスト) というのはナポレオンを狂信的に信奉していたフランス人の Nicolas Chauvin から由来する言葉で、極端で狂信的な排他主義者、自己優越主義者のことを指し、排他的・狂信的愛国者なども Chauvinist として高い頻度で目にする言葉だ。これに fanatic だとか frantic とか fu〇kin' などの形容詞を付けると、それはもう手に負えないレベルの最低糞野郎の狂信的排他的愛国主義者ということになる。主義を指す名詞形では Chauvinism(ショーヴィニズム) となる。この度の殺人犯の名前が、まさか文字通り Chauvin そのものだったと言うことについては、アメリカ人も衝撃を受けているのではないだろうか。言うまでもなく Chavinist などを蔓延らせてはいけない。実に示唆に富む事件である。



NBC NEWS Youtube動画より

↑このページのトップヘ